NHKドキュメント72時間の妙見山リフトケーブルカー廃止後の跡地はどうなる?廃止の理由は?
PR

NHKドキュメント72時間の妙見山リフトケーブルカー廃止後の跡地はどうなる?廃止の理由は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NHKドキュメント72時間の妙見山リフトケーブルカー廃止後の跡地はどうなる?廃止の理由は? NHKドキュメント72時間

2023年12月8日(金)放送のNHKドキュメント72時間は兵庫県妙見山のリフトケーブルカーに密着です!

この妙見山、妙見の森につながるリフトとケーブルカーは残念ながら2023年12月3日をもって営業終了となってしまいました。

鉄道ファンにも人気があったリフト・ケーブルカーでその歴史を遡ると約100年前から山頂の霊場に行くための交通手段として受け継がれてきました。

この記事ではNHK72時間で密着された妙見山リフトケーブルカーの廃止理由や廃止後の跡地などをまとめて行きたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKドキュメント72時間で兵庫県妙見山・妙見の森リフトケーブルカーに密着!

2023年12月8日(金)放送のNHK72時間は「兵庫 さよなら 思い出のリフト」
語り・ナレーション:吹石一恵さん

兵庫県妙見山にかかるリフトに密着です。
NHK72時間お得意のサヨナラシリーズに追加される回ですね。

長い歴史が終わってしまう瞬間を見届けたいと思います。

妙見山にはリフトとケーブルカーがありますが、今回はリフト側に密着のようです。

スポンサーリンク

妙見山・妙見の森へのリフト・ケーブルカー廃止のニュース

2023年6月関西圏の方や鉄道ファンの方にはかなり衝撃のニュースになったのではないかと思われる妙見山・妙見の森へのリフトとケーブルカー廃止のニュースです。

妙見の森リフト・ケーブルカー、妙見の森は兵庫県の能勢電が妙見の森事業として営業をしていた鉄道と観光施設です。

地元では名物ケーブルカーとして親しまれていました。
廃止のニュースが出た当初は2024年6月に廃止と報道されていましたが、その後2023年年9月に繰り上げが発表。2023年12月3日が営業終了日となりました。

スポンサーリンク

妙見山・妙見山の森のリフト・ケーブルカーの始まりは?

妙見山は霊場としての役目を持っています。
元々は初詣で妙見山を目指す人達が毎回、登山をして来るので、初詣ルートが検討されました。
1925年に山頂に向かうために東側の能勢街道から、途中の乗り継ぎを挟んで上部、下部2本のケーブルカーで、急斜面を一気に駆け上がるケーブルカーが開通。
しかし、戦時中の不要不急路線となってしまい、1944年に廃止され、乗り物での参拝ルートが途絶えました。

その後、1960年に下部はケーブルカー、上部のケーブルカーはリフトとして復活して妙見山への参拝ルートが復活しています。

2013年に妙見の森ケーブルと改名して、妙見山の参拝や妙見の森のバーベキューなどの行楽の足になっていました。


戦時中に廃止、戦後に復活して、令和に再び廃止という流れになってしまったのは何かの運命なのでしょうか?

妙見山・妙見の森の場所

〒666-0101
兵庫県川西市黒川 奥瀧谷

兵庫県と大阪府の県境にあり、関西の高尾山としても有名です。

スポンサーリンク

NHKドキュメント72時間の妙見山・妙見の森のリフトケーブルカー廃止の理由は?

NHK72時間の妙見山・妙見の森のリフトケーブルカー廃止の理由が気になったので調査をしてみました。

廃止の理由は2つ

1.コロナ禍での利用者の減少
2.設備の老朽化で更新やメンテナンスをしたいが、高額過ぎたため、廃止という選択に

元々、集客難しいうえにリフト・ケーブルカーの老朽化や整備維持費がコロナ禍の打撃で追いつかなかったのでは?という声もSNSに上がっていました。

数年前にバス路線も廃止されているので、妙見山に行くためには途中まで車、その後徒歩のルートのみとなってしまいました。

江戸時代からの霊場として人々に愛されてきた妙見山頂への交通手段のひとつがなくなってしまうのは非常に寂しいですね。

スポンサーリンク

NHKドキュメント72時間の妙見山・妙見の森のリフトケーブルカー廃止後や跡地はどうなる?

NHK72時間の妙見山・妙見の森のリフトケーブルカー廃止後や跡地はどうなるのかも気になったので、調査をしてみました。

現時点ではリフトやケーブルカーの代替えになる交通手段の検討はされていないようです。

また、妙見の森の活用も決まっていないようです。

妙見の森はバーベキューや自然観察には絶好調ポイントとして、関西の高尾山と言われている場所なので、行政などがうまく活用方法を見出せるといいのでは?とも思います。

今後、情報が少しずつ出てくると思うので、また、レジャーで妙見の森に行けることを楽しみにしておきましょう。

NHKドキュメント72時間の妙見山リフトケーブルカー廃止後の跡地はどうなる?廃止の理由は?のまとめ

100年近くの歴史があるリフト・ケーブルカーなので、かなり思い入れのある方も多いと思います。
どこかのタイミングで復活することを期待しています。

・NHKドキュメント72時間で妙見山のリフトケーブルカーの最後に密着
・妙見山のリフトケーブルカー廃止のニュースはかなり衝撃で話題になっていた
・妙見山、妙見の森リフトケーブルカーは60年以上の歴史があった
・廃止の理由はコロナ禍での利用者の減少が引き金、修繕費が莫大過ぎた
・廃止後の代替えや跡地の活用は決まっていない

長くあるものはいつでもあるものと思ってしまいがちですが、気になったときには行っておくのが良いのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

NHKドキュメント72時間
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: このコンテンツは保護されています。