高知中央高校の校歌の歌詞と作詞作曲者はだれ?エモくて卒業ソングみたいと話題【動画・画像】
PR

高知中央高校の校歌の歌詞と作詞作曲者はだれ?エモくて卒業ソングみたいと話題【動画・画像】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高知中央高校の校歌の歌詞と作詞作曲者はだれ?エモくて卒業ソングみたいと話題【動画・画像】 スポーツ

2023年も夏のセンバツ甲子園大会が開催中です。
高校野球の甲子園では勝った高校が試合後に歌う校歌もひとつの見ものではないでしょうか?

105回夏の高校野球甲子園大会で校歌がとっても注目を集めている高校が甲子園初出場の高知県の高校中央高校です!

1回戦で愛媛の川之江高校に勝ったあとに流れた校歌が「エモい」「卒業ソングみたい!」と注目を集めています。

この記事では甲子園に初出場を果たした高知中央高校の校歌の歌詞や動画、作詞作曲者についてまとめて行きたいと思います。

高知中央高校の歌詞や作詞作曲者の方が気になる方は最後までチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高知中央高校が甲子園初出場で1回戦勝利で校歌が話題に

高知中央高校は昭和38年創設の共学の高校で野球部は創部55年の歴史があります。
男子野球部は創設以来初の甲子園初出場です。

8月7日(月)大会2日目の第一試合で同じ四国勢の愛媛県川之江高校と対戦し、9対4で快勝し、1回戦を白星で勝利しました。

甲子園では試合に勝利した高校の選手が校歌を歌うシーンがありますが、このときに高知中央高校の校歌が「エモい」「卒業ソングみたい」「歌詞があたたかい」と注目を集めました。

スポンサーリンク

高知中央高校はどんな高校?

高知中央高校の校歌の歌詞と作詞作曲者はだれ?エモくて卒業ソングみたいと話題【動画】

引用:高知中央高校公式サイト

高知中央高校は高知県高知市にある私立の高校です。
普通科、看護科の2コースで普通科はスポーツコース、公務員コース、特進コースなど進路に合わせたコースが選択できます。
交通が不便な立地なので、無料のスクールバスや学校の近くに寮もあり、寮生活を選択している子もいるようです。

近年はスポーツに力をいれているようで、2007年にバレー部は春高バレーに初出場、2021年に女子野球部が第25回全国高等学校女子硬式野球選手権大会で準優勝しています。

そして、2023年夏は男子野球部が甲子園初出場、1回戦勝利という素晴らしい結果を生み出しています。

一時期は学校の評価も悪かったようですが、少しずつ学校改革をして行き、スポーツに力を入れてきた結果が甲子園出場と校歌の注目に繋がったのではないでしょうか?

今、四国、高知県内で一番注目を集めている高校なのではないかな、と思います!

高知中央高校の場所

〒781-5103
高知県高知市大津乙324番地1
TEL:088-866-3166
FAX:088-866-1400

駅から離れた立地なので、無料のスクールバスがあるのもありがたいですね。

スポンサーリンク

高知中央高校の校歌の作詞作曲者はだれ?

念願の甲子園出場で1回戦を勝利して校歌で注目を集めた高知中央高校です。

エモくて、卒業ソングみたいという校歌を作詞作曲した人が気になるので、調査をしてみました。

高知中央高校の校歌を作詞作曲したのは、、、

矢野絢子さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢野 絢子(@junko_yano_piano)がシェアした投稿

矢野絢子さんは高知県出身のライブ活動を中心にしているシンガーソングライターです。

矢野絢子さんは1997年頃から音楽活動を開始していて、メジャーレコード会社とインディーズを行き来しています。
ストップエイズキャンペーンCMの楽曲提供の経験がある方です。

高知中央高校が矢野絢子さんに校歌を依頼したきっかけや理由は?

高知中央高校は2003年頃から大規模な学校改革を実施しています。
その改革の一貫で校歌を作り変えるということも改革のひとつだったと予測ができます。
そのときに学校側で依頼したのが高知県出身で土佐市在住の矢野絢子さんで高知県内のライブハウスを中心に活動してるので、地元の方にとっては知られた存在だったのかと思います。

高知中央高校が矢野絢子さんに依頼した内容がこちら

「校名を入れなくてもいい、全く自由に作曲してほしい」と矢野さんに依頼

出来上がった校歌「僕らの学び舎(や)」は学校名が入っておらず、校歌とは思えないというものでした。

スポンサーリンク

高知中央高校の校歌の歌詞と動画

高知中央高校の校歌「僕らの学び舎」歌詞と歌詞画像

高知中央高校の校歌の歌詞と作詞作曲者はだれ?エモくて卒業ソングみたいと話題【動画・画像】

引用:高知中央高校公式サイト

「僕らの学び舎」
作詞・作曲矢野絢子

僕の町を流れるあの川は知っている
毎朝最初のチャイムが鳴った後の静けさ
守られているのでなく 僕が守っていくもの
陽のあたる教室に風の遊ぶグランドに
忘れてはならない 友の涙よ

僕の町を囲んでる静かな山は見ている
日暮れと共に辿る一人一人の帰り道
与えられるものでなく 僕が掴み取るもの
小さくなったチョークに擦り切れた教壇に
いつか本当の意味を知る 師の教えよ

僕の町に聴こえる青い海の調べよ
父と母が育んだ歴史の先に立っている
教科書の隅っこにも 答案用紙の裏にも
学んだことは果てのなき僕の今と未来さ
大切な故郷 僕の学び舎

守られているのでなく 僕が守っていくもの
与えられるものでなく 僕が掴み取るもの
陽のあたる教室に風の遊ぶグランドに
学んだ事は果てのなき僕の今と未来さ
大切な故郷 僕らの学び舎

守られているのでなく 僕が守っていくもの
与えられるものでなく 僕が掴み取るもの

歌詞のこの部分に共感をしたという声がたくさんありました。

スポンサーリンク

高知中央高校校歌の歌詞の口コミは?

SNSに投稿されていた高知中央高校校歌の口コミ、評判を集めてみました!
やはり、ネットニュースと同じように「校歌っぽくない」という意見がかなり多かったです。


ツイッター以外の口コミで高知中央高校の評判に「ヤンキー」というコメントが入っていたので、気になっていました。
実際にヤンキーのような方が集まる過去があったようですね。
思い切った学校改革が甲子園出場の結果を出したのだろうと思います。

スポンサーリンク

高知中央高校の校歌の歌詞と作詞作曲者はだれ?エモくて卒業ソングみたいと話題【動画】まとめ

もうすぐ、2回戦です。
初出場でどこまで高知中央高校が勝ち進むのかが気になりますね。

・高知中央高校校歌の歌詞がエモくて卒業ソングみたいと話題!
・高知中央高校は昭和38年創立の学校で野球部は創部55年で甲子園初出場
・高知中央高校の校歌を作詞作曲したのは高知県土佐市在住の「矢野絢子さん」
・矢野絢子さんさんは高知県出身のシンガーソングライターで現在はライブ活動を中心にしている
・高知中央高校校歌がJ-POPみたい、みんなの校歌などの口コミがある

初の甲子園、力を出し切って頑張ってほしいですね。

 

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: このコンテンツは保護されています。